音楽要素から構築された人間のからだ〜彫塑的・音楽的人間学の構想〜
598bce2e3210d532270065b7

音楽要素から構築された人間のからだ〜彫塑的・音楽的人間学の構想〜

¥3,996 税込

送料についてはこちら

8月下旬発売!(予約注文受付中) ———————————————————— ドイツで30年のロングセラー! シュタイナーの理念を今に伝える貴重な1冊 。音楽と人間のからだの関係性を精神科学的に読み解く。人間のからだはいかにして構築されたのか? また音楽の力は人間のからだの形成にいかに働きかけるのか? 人間の骨格や内臓、そして人間固有の直立や言語、手腕によるしぐさにまで音楽の力が及んでいるとしたら? 大学で音楽を学んだ後、医師になった経歴を持つアルミン・J・フーゼマン氏が明らかにする人体と音楽の秘密。 ———————————————————— ※コンビニ決済、銀行振込はご入金確認後の発送となります。ご注文確認メールの案内に従ってご入金ください。ご注文確定後、決済期限は一週間となります。それを過ぎますとご注文がキャンセルとなりますのでご注意ください。 ———————————————————— もくじ: ◆まえがき 日本語版へのまえがき/第4版へのまえがき/第2版へのまえがき ◆序章 科学と芸術/芸術と超感覚的な認識 ◆第I章 人間の外なる形象本性 有機的なものの造形概念/エーテル体の彫塑的動き/有機的なものを彫塑的に考える人:ゲーテとカールス/合理的有機体論/血の流れとエーテルの流れ/血液循環と呼吸による音楽生理学/病像(猩紅熱(しょうこうねつ)と麻疹(はしか))/子供の発達に於ける彫塑的音楽的プロセス/エーテル種の彫塑的な動き/教育芸術の彫塑的原像/成長の音楽的法則/プラトンによる彫塑的・音楽的な歩み ◆第II章 内臓器官の音楽生理学 ゲーテとヘッケルの認識生活に於ける芸術的修業/原腸形成とヘッケルの腸祖動物という理念/反転の練習/反転の解剖学(1.骨格に於いて/2.感覚系に於いて/3.神経系に於いて/4.筋肉系に於いて/5.血液系に於いて/6.言葉を発する時)/反転練習の音楽的構造/脳脊髄液の形成と流れ/生殖力と思考/有機体論の発展史/直立すること/生殖細胞形成と受精、そして妊娠/言葉の形成/立つことと歩くこと/頭のオクターヴと言葉のオクターヴ/頭部組織の言語の形/「わたし(ICH)」という言葉 /甲状腺と副甲状腺の音楽的生理学(二重器官類型/甲状腺と喉頭/副甲状腺の音楽的な生理学/副甲状腺の機能亢進/副甲状腺の機能低下(テタニー=痙攣)と過換気症候群/音楽作品の形成力としての七度音程/副甲状腺ホルモンの化学構造/言葉と実質)/カルシトニンの音楽的な生理学(もう一つの甲状腺ホルモン)(ベートーヴェンの音楽についてのゲーテの知覚/ベートーヴェンの肝臓病と彼の音楽/創作主題による32の変奏曲・ハ短調) ◆第III章 彫塑的・音楽的な原像としての呼吸の振幅 肺のエーテル体の為の彫塑練習/三分節の練習組織としてのエーテル体の形象 /ルドルフ・シュタイナーのカベイロス塑像/男女の性へのエーテル体分離と思考の力/胸郭の構築(肺呼吸の発達/胸郭の彫塑的解剖学/胸郭の音楽的構造/胸郭に於ける言語形成力)/人間中間部の像(空間構造から音楽構造への道)/人間中間部の響き(≪客観的音程≫領域での胸郭/肺/呼吸と肺循環/肺と心臓/五度音程の非対称的原理)/人間中間部の言葉 ◆第IV章 人間の音楽的構造を動きで表現するオイリュトミー 肺の成長ダイナミズムに於ける長調と短調/高次の構成体の彫塑的・音楽的な動きと、オイリュトミーによるその可視化/長調と短調の表現動作(Gebärde)の解剖学/体内の音楽的組織構造から音楽オイリュトミーの動きへの移行/肺と喉頭の、腕への反転/音楽オイリュトミー療法の根本的効用/音楽的塑像としての人間の腕(時間的有機体に或る腕/鎖骨/鎖骨の彫塑/鎖骨の中の一度音程と主音/上腕/前腕 /手根(手首)/中手/指)/腕の組織の言語的構成/オイリュトミーと音楽の実際(真実) ◆第V章 言語形成力を通した思考内の動物性の克服 人間の外なる形象本性/人間の内なる形象本性/人間の歯の二重機能と思考 ◆あとがき 著者あとがき/訳者あとがき ◆注釈 ———————————————————— 著者:アルミン・J・フーゼマン 1988年よりシュトゥットガルトにて一般内科医として診療に従事。1993年よりシュトゥットガルト近郊のフィルダークリニックにて、アントロポゾフィー医学の卒後研修機関である「オイゲン・コリスコ・アカデミー」を主宰。1969年から71年まで音楽を学び、73年から80年まで医学を学ぶ。80年から88年まで内科、外科、小児科、治療教育の各専門分野で臨床教育を受ける。博士論文「幼少期の国家社会主義(ナチズム)による迫害がもたらした心的障害について」(1977) 訳者:吉田 和彦 1984年ミュンヘン・オイリュトミー協会の招聘により渡独。ヨーロッパ各地で演奏及び作曲・教育・講演の分野で活動。ミュンヘン・キリスト者共同体音楽監督、M. チェーホフ演劇学校、シュトゥットゥガルト・プリスターゼミナールの各音楽講師を歴任。ゲーテアヌム朗誦・音楽部門並びにキリスト者共同体音楽委員会の中心メンバー。2012年よりミュンヘン西郊外のシュタイナー学校高等部で合唱と作曲を指導。2017年秋より南バイエルン・シュタイナー学校教員養成セミナーの音楽講師を兼任。 ———————————————————— 単行本:430ページ 発行日:2017年10月1日 ISBN:978-4-9906920-8-7 寸法:210 × 148 × 27 mm ©2017 SAKS-BOOKS Printed in Japan